MR(医薬情報担当者)(読み)えむあーる(英語表記)medical representative

日本大百科全書(ニッポニカ)「MR(医薬情報担当者)」の解説

MR(医薬情報担当者)
えむあーる
medical representative

医薬情報担当者のこと。多くは製薬企業に属し、自社の医療用医薬品の情報を医師や薬剤師に提供し、副作用情報も収集、提供する。日本でも100年の歴史があるといわれるこうした営業は、プロパー(propagandist=宣伝者)とよばれていたが、1990年代からMRに変わってきている。プロパー時代は自社製品の売込みが主で、毎日、各病院や診療所を回り、販売促進のために医師のご機嫌取りや接待、サービスに明け暮れた。論文のコピー取りから家族の買い物の手伝いまで、さまざまなサービスを競った、といわれている。当時のプロパーは価格決定を任されていたために過度の割引である「添付販売」も横行、医師が不要な薬を処方する誘引にもなった。

 これらに対する批判を受けて日本製薬工業協会は1993年(平成5)に「医薬情報担当者の行動基準」を制定、以後はMRの呼称に一本化した。この行動基準では、金銭物品の提供を禁止し、MRは医学・薬学知識を習得し、正しい情報を有効性、安全性に偏りなく公平に提供することを求めている。また、1997年からは業界の「MR認定試験制度」を創設、病医院回りのMRはこの有資格者がほとんどである。

 MRはプロパーと違い、目的は製品の販売ではなく、薬の情報提供と情報収集とされている。薬の種類は膨大であり、その副作用や適正使用情報はあまりにも多い。医師や薬剤師が正しく薬を扱うには約6万人といわれるMRの活動が不可欠とされている。

田辺 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android