コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MRA運動 エムアールエーウンドウ

3件 の用語解説(MRA運動の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エムアールエー‐うんどう【MRA運動】

Moral Re-Armament道徳再武装運動。第一次大戦後、米国の宗教家ブックマンが提唱し、オックスフォードグループ運動に始まる平和運動キリスト教の精神を基調に、宗教・国籍・人種・階級の別なく精神的道義の再建を通じて人類の和合を説く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

MRA運動
えむあーるえーうんどう

道徳再武装Moral Re-Armament運動の略。第一次世界大戦後、アメリカの宗教家ブックマンが提唱し、彼の影響下にあったオックスフォード大学の学生を中心的主体にしたオックスフォード・グループによって展開された運動であった。当初は道徳再武装という名称を掲げてはいなかったが、しだいにその名称を用いるようになった。絶対正直、絶対純潔、絶対無私、絶対愛という四つの信条を掲げて、人種、宗教、階級、国籍を超えた道徳的和合を説く、宗教的、倫理的、精神的色彩の濃い平和運動である。それなるがゆえに、ベトナム戦争を契機として高揚した世界的な反戦平和運動、学生運動に対抗し批判する運動を展開して注目された際には、その保守的な性格も指摘された。2001年に名称をMRAからIC(イニシアティブス・オブ・チェンジInitiatives of Change)に変更し、NGOとして、各国支部の運動を束ねるとともに、国際連合欧州評議会との連携を図っている。[矢澤修次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

MRA運動の関連キーワードパワー・ハラスメントパワーハラスメントモラルハラスメントモラルハザード(moral hazard)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone