コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MRI(磁気共鳴映像法) MRI(ジキキョウメイエイゾウホウ)

1件 の用語解説(MRI(磁気共鳴映像法)の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

MRI(磁気共鳴映像法)

強い磁場を当て、生体内の分子の共鳴の程度を検出し、画像として描出する方法。これにより、人体の立体的な画像が得られる。また、血流量の測定や血管撮影なども行える。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

MRI(磁気共鳴映像法)の関連キーワード核磁気共鳴分子量非磁性鋼フェリチン核磁気共鳴吸収法コットン‐ムートン効果シューマン共鳴ゼンフトレーベン効果バーンスタイン波ブライト‐ウィグナーの式

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone