コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MRI(磁気共鳴映像法) MRI(ジキキョウメイエイゾウホウ)

とっさの日本語便利帳の解説

MRI(磁気共鳴映像法)

強い磁場を当て、生体内の分子共鳴の程度を検出し、画像として描出する方法。これにより、人体の立体的な画像が得られる。また、血流量の測定や血管撮影なども行える。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

MRI(磁気共鳴映像法)の関連キーワードエルンスト(Richard R. Ernst)ピーター マンスフィールド心の病気へのアプローチ磁気共鳴画像(MRI)クルト ヴュートリッヒ核磁気共鳴画像診断装置母体血清マーカー検査特発性大腿骨頭壊死症磁気共鳴血管撮影法クッシング症候群核磁気共鳴映像法神経内分泌がん核磁気共鳴装置死亡時画像診断脳血管性認知症黄色靭帯骨化症磁気共鳴映像法遠隔放射線診断下大静脈後尿管拘束型心筋症

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

MRI(磁気共鳴映像法)の関連情報