コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Q値 キューちQ-value

2件 の用語解説(Q値の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

Q
キューち
Q-value

(1) 力学振動系や電気振動系に周期的外力が加わったときの共振の鋭さの程度を表わす数。無次元数であるから各種の振動系に共通に用いられ,それらの共振の様子を比較するのに適する。 Q値が大きいほど共振が鋭く,大きい Q値では外力の振動数が系の固有振動数にほぼ一致したときにだけ共振して大きい振幅を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

Q値【キューち】

共鳴の鋭さを示す値でQ=2π×(共鳴の振動エネルギー)÷(1周期あたりのエネルギー損失)で表される。共振回路の選択度を示し,Qが大きいほど共振が鋭く選択度がよい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Q値の関連情報