コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RNAポリメラーゼ アールエヌエーポリメラーゼ

4件 の用語解説(RNAポリメラーゼの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アールエヌエー‐ポリメラーゼ【RNAポリメラーゼ】

RNA polymeraseRNAを合成・複製する酵素の総称。4種のヌクレオシド(アデノシン・ウリジン・グアノシン・シチジン)を重合させ、鋳型とする核酸DNARNA)に対して相補的な塩基配列を持つRNAを合成する。DNAポリメラーゼとは異なり、プライマーを必要としない。鋳型となる核酸を必要としないもの(ポリヌクレオチドホスホリラーゼ)もある。RNA合成酵素

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

RNAポリメラーゼ

 RNAをつくる酵素の総称.真核生物ではリボソームRNAを作るRNAポリメラーゼI (RNA polymerase I),メッセンジャーRNAを作るRNAポリメラーゼII (RNA polymerase II),トランスファーRNAを作るRNAポリメラーゼIII (RNA polymerase III)がある.原核生物では,普通1種類の酵素がすべてを行う.RNA依存RNAポリメラーゼもこの酵素の一つ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アールエヌエーポリメラーゼ【RNAポリメラーゼ RNA polymerase】

DNA依存性RNAポリメラーゼの略記。転写酵素transcriptaseとも呼ばれるDNA塩基配列を鋳型にして,リボヌクレオシド三リン酸を重合させ,RNAを合成する働きをする酵素。基質となるリボヌクレオシド三リン酸は,アデノシン三リン酸(ATPと略す),ウリジン三リン酸(UTP),グアノシン三リン酸(GTP),シトシン三リン酸(CTP)の4種類で,それぞれ塩基部分が異なる。重合はヌクレオチド間のホスホジエステル結合の形成にあり,その際にピロリン酸(二リン酸ともいい,PPiと略記)が放出される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

RNAポリメラーゼ
あーるえぬえーぽりめらーぜ
RNA polymerase

DNA(でぃーえぬえー)を鋳型として相補的なメッセンジャーRNA(messenger RNA略してmRNA、伝令RNAともいう)を合成する酵素。DNA依存性RNAポリメラーゼ(DNA dependent RNA polymerase)略してRNAポリメラーゼとよばれ、この酵素の働きを転写という。そのために転写酵素transcriptaseとよばれていたこともある。DNAの塩基、アデニン、チミン、グアニン、シトシンにそれぞれ対応して、相補的な塩基対をつくるウラシル、アデニン、シトシン、グアニンをもったリボヌクレオシド三リン酸を5'から3'の方向に重合し、鋳型となるDNAと相補的なmRNAを合成する。
 細菌の酵素は4種類のサブユニットが会合した巨大分子(分子量45万)である。細菌に感染するファージ(バクテリオファージ)ではファージ独自の酵素をつくったり、あるいは宿主の酵素をファージのmRNA合成に適したように修飾したりするものもある。真核生物の場合には3種類の酵素が存在しており、α(アルファ)はおもにリボソームRNAの合成、β(ベータ)はmRNAおよびマイクロRNA(microRNA略してmiRNA)合成、γ(ガンマ)は低分子RNA(tRNAや5SRNAあるいはスプライシング=切断加工にかかわるsnRNA)合成と、機能が分化している。
 RNAポリメラーゼが結合して転写を開始する領域をプロモーターpromotorとよび、転写を制御している部分をオペレーターoperatorという。このほかに転写の効率を調節している領域としてアテニュエーターattenuatorやエンハンサーenhancerなどがあり、これらすべての作用で遺伝子の発現の有無が決められている。また、転写の終結には特別な塩基配列や転写終結因子が関与する場合が知られている。真核生物のRNAポリメラーゼは、転写開始部位に直接結合できないため、転写開始を促す基本転写因子が必要である。また、たくさんの転写調節因子群が存在している。この真核生物の転写調節機構の解明により、R・D・コーンバーグは2006年のノーベル化学賞を受賞している。
 RNAを遺伝子としてもっているファージやウイルスの場合には、RNA依存性RNAポリメラーゼ(RNAレプリカーゼRNA replicaseともいう)があり、またRNAを鋳型として相補的なDNAを合成する逆転写酵素reverse transcriptase(すなわちRNA dependent DNA polymerase)をもっているものもある。[菊池韶彦]
『J・D・ワトソン他著、中村桂子訳『遺伝子の分子生物学』第5版(2006・東京電機大学出版局) ▽B・ルーウィン著、菊池韶彦他訳『遺伝子』第8版(2006・東京化学同人) ▽B・ルーウィン著、菊池韶彦他訳『エッセンシャル遺伝子』(2007・東京化学同人) ▽L・ハートウェル他著、菊池韶彦監訳『ハートウェル遺伝学』第3版(2010・MEDSI)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のRNAポリメラーゼの言及

【遺伝情報】より

…【丹羽 修身】
[遺伝情報の転写]
 DNA上に塩基配列として書き込まれている遺伝情報を,RNA分子として読み出す過程を転写transcriptionという。DNAを鋳型にRNAポリメラーゼの働きで,リボヌクレオシド三リン酸を基質にRNAが合成される。RNAポリメラーゼが,DNA上の転写開始を指令する部位(プロモーターpromoter)にまず結合し,DNAの二重鎖を局所的に解離させ,そのうちの1本の鎖を鋳型に相補的なRNAを合成する。…

※「RNAポリメラーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

RNAポリメラーゼの関連キーワードスペルミンテロメラーゼポリメラーゼRNA依存RNAポリメラーゼRNA依存DNAポリメラーゼRNA複製酵素RNAレプリカーゼシグマ因子TBP

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

RNAポリメラーゼの関連情報