コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SA えすえー

15件 の用語解説(SAの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

SA

Security Associationの略。IPsecにおいて暗号化や認証を行なうために必要な情報の交換と、その経路を意味する。接続先、暗号化とメッセージ認証のアルゴリズム、キーやキーの有効期間などが含まれる。SAの確定が行なわれると、SPISecurity Parameters Index)と呼ばれる32ビットの値が生成され、パケットの情報に含まれる。そのため、複数のSAが異なるセッションを行なっても、パケットに格納されたSPIを照合することで当事者間でしか通信が成立しないようになっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エス‐エー【SA】[store automation]

store automation》小売店舗の自動化。POSシステムの導入などにより、店舗内の設備や機器を連動させ、店舗運営の自動化・省力化を図ること。

エス‐エー【SA】[société anonyme]

《〈フランスsociété anonymeフランス語で、株式会社。例えば、フランスの自動車会社ルノーはRenault S.A.と書く。

エス‐エー【SA】[systems analysis]

systems analysisシステム分析経営工学の用語。

エス‐エー【SA】[shop automation]

shop automation》会社や工場などの作業・製造現場のオートメーション

エス‐エー【SA】[South America]

South America》南米。

エス‐エー【SA】[South Africa]

South Africa南アフリカ共和国

エス‐エー【SA】[Salvation Army]

Salvation Army》⇒救世軍

エス‐エー【SA】[service area]

service area》⇒サービスエリア

エス‐エー【SA】[Systems Architect Examination]

Systems Architect Examination》⇒システムアーキテクト試験

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

SA【エスアー】

突撃隊

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

SA

〖store automation〗
ストア-オートメーション。店舗経営のコンピューター利用などによる省力化・自動化。

SA

〖systems analysis〗

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

SA
エスアー
Sturmabteilung

ナチス突撃隊。ナチスの大衆集会用心棒の集りが 1921年に組織化されたもの。同突撃隊は,反ナチス党に対する実力行使とナチスの思想宣伝の推進者であった。 31年元国防軍人 E.レームが指揮をとるようになって組織も軍隊と同様に巨大化し,また暴力集団化して国防軍と鋭く対立したため,34年 A.ヒトラーはレームはじめ組織の中核数百人を反逆のかどで処刑した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

SA
えすあー

ナチ党(ナチス)の突撃隊Sturmabteilungの略称。1921年創設の党の大衆的準軍事組織で、その任務は、党集会の警備にとどまらず、テロ活動にあった。30年以後レーム指導下に新たな発展をみせる(隊員数30年7万7000人、33年70万人)が、「ナチス第二革命」の遂行、国防軍の吸収再編を強く要求したためヒトラーは34年6月末レームら突撃隊幹部を殺害させた(レーム事件)。以後、突撃隊は政治的意味を失い、親衛隊SSにとってかわられる。[吉田輝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のSAの言及

【システム分析】より

…大規模・複雑システムを有効に扱う方法としてシステム思考が生まれてきた。システム思考適用の最も包括的な呼び方はシステムズ・アプローチ(以下SAと呼ぶ)である。システム分析という言葉には二つの意味がある。…

【レーム】より

…ナチス突撃隊の指導者。1919年からミュンヘンで国防軍将校(大尉)としてヒトラー運動を支援,ナチスの行動組織である〈突撃隊(SA)〉を組織。一時ヒトラーと不仲になったが,30年から再び突撃隊参謀長。…

【ナチス】より

…ヒトラー個人を例にとれば,ミュンヘン市内において22年11月30日に5ヵ所の会場で,12月13日には10ヵ所の会場で演説を行い,聴衆の間にナチスへの支持をつくりだすために精力的に活動。他方で21年11月に突撃隊Sturmabteilung(SA)を結成,褐色の制服を着用する突撃隊による街頭でのポスターはり,ビラまき,ミュンヘン市中での示威行進,また他の都市に〈進軍〉して示威行進や左翼勢力との乱闘(22年10月,コーブルク市)を通じて,大衆の注目を引くことに努めた。 20年4月ナチスの運動はミュンヘン市外に拡大し,ローゼンハイムに最初の支部が設立され,翌年7月には運動はバイエルンの境を越え,ハノーファーに支部が結成された。…

【レーム】より

…ナチス突撃隊の指導者。1919年からミュンヘンで国防軍将校(大尉)としてヒトラー運動を支援,ナチスの行動組織である〈突撃隊(SA)〉を組織。一時ヒトラーと不仲になったが,30年から再び突撃隊参謀長。…

※「SA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

SAの関連キーワードRASISIPセックcollective securityindividual securitySocial Security ActNational Security Actnational securityMutual Security ActSecuritySocial Security Number

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

SAの関連情報