コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遭難信号 そうなんしんごうdistress signal

翻訳|distress signal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遭難信号
そうなんしんごう
distress signal

海上の船舶海難発生時などに助けを求めて発する船舶信号。慣習および国際的に合意された海上衝突予防規則に従って定められる。特に重要な遭難信号は以下のとおり。(1) 可視信号 火炎,信号紅炎,オレンジ色の発煙信号,方形旗の下に球をつけた旗旒信号。(2) 音響信号 一定間隔の発砲またはロケット発射,霧笛による連続音。(3) 無線信号 モールス符号SOS信号,国際信号書に定める信号旗の N旗と C旗の掲揚による 2字信号,無線電話(→船舶電話)による「メーデー」発声(語源は「私を助けてください」という意味のフランス語の m'aider)。遭難船はほかの船舶に注意を促すために,無線信号で 1分間に長さ 4秒の 12線を繰り返す,または無線電話で 2音を交互に 30~60秒間ずつ継続送信する方法もある。(→船舶通信

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうなん‐しんごう〔サウナンシンガウ〕【遭難信号】

船舶・航空機が遭難したとき、救助を求めるために発する信号。従来は、無線電信のSOS、発煙筒国際信号旗のNC旗による信号などが使われてきたが、現在は、人工衛星を利用した遭難通信システムが一般化しつつある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そうなんしんごう【遭難信号】

遭難した船舶や航空機が、緊急事態を告げ、救助を求めるために発する信号。無線電信の「 SOS 」、無線電話の「メーデー」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

遭難信号の関連キーワード衛星イパーブ(非常用無線標識)タイタニック号エスオーエス緊急事態海難救助航空救難救命設備ブイ電信

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遭難信号の関連情報