コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遭難信号 そうなんしんごうdistress signal

翻訳|distress signal

3件 の用語解説(遭難信号の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遭難信号
そうなんしんごう
distress signal

海上の船舶が海難発生時などに助けを求めて発する船舶信号。慣習および国際的に合意された海上衝突予防規則に従って定められる。特に重要な遭難信号は以下のとおり。(1) 可視信号 火炎,信号紅炎,オレンジ色の発煙信号,方形旗の下に球をつけた旗旒信号

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうなん‐しんごう〔サウナンシンガウ〕【遭難信号】

船舶・航空機が遭難したとき、救助を求めるために発する信号。従来は、無線電信SOS、発煙筒、国際信号旗のNC旗による信号などが使われてきたが、現在は、人工衛星を利用した遭難通信システムが一般化しつつある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そうなんしんごう【遭難信号】

遭難した船舶や航空機が、緊急事態を告げ、救助を求めるために発する信号。無線電信の「 SOS 」、無線電話の「メーデー」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遭難信号の関連情報