UNESCO(読み)ユネスコ

  • United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization

翻訳|UNESCO

デジタル大辞泉の解説

United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization》国連教育科学文化機関。国際連合専門機関の一。教育科学文化を通じ国際協力を促進し、世界の平和と安全とに貢献することを目的とする。1946年設立。本部パリ加盟国195、準加盟地域10(2017年現在)。日本は1951年(昭和26)に加盟。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization の略) 国際連合教育科学文化機構の略称。国連の一専門機関。一九四五年のユネスコ憲章に基づいて翌年成立。平和の精神こそ安全保障に寄与するとの主張のもとに、教育・科学・文化を通じて諸国民間に協力を促し、世界の平和と繁栄に貢献することを目的とする。本部パリ。日本は昭和二六年(一九五一)加盟。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

United Nations Educational Scientific and Cultural Organization(国際連合教育科学文化機関)の略称。国際連合の専門機関の1つ
1946年11月,ユネスコ憲章発効に伴って成立憲章前文は,「…戦争は人の心の中で生まれるものであるから,人の心の中に平和のとりでを築かなければならない…」と述べ,「世界の諸人民の教育・科学および文化上の関係を通じて」「国際平和と人類の共通の福祉」を促進するためにユネスコが創設されることを明らかにしている。本部はパリに置かれ,加盟国数186(1997年7月現在)。日本は1951年に加盟。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

United Nations Educational, Scientific and Cultural Organ ization(国際連合教育科学文化機関)の
1946年設立。国際連合の一機関で,国連憲章に基づき,教育・科学・文化を通じて諸国間の協力を促進し,戦争防止・平和と安全保障に寄与することを目的とする。本部はパリ。加盟国は186か国〈1999年現在〉。日本は1951年加盟した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

UNESCOの関連情報