コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Windows 95

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Windows 95

1995年にマイクロソフトがWindows 3.1の後継として発表したパソコン用のOS。32ビットOSへの改良とそれに伴うAPIの32ビット化、プリエンプティブマルチタスクのサポート、ロングファイルネームへの対応、プラグアンドプレイなどの機能を搭載し、処理速度や動作の安定性が向上した。MS-DOSやWindows 3.1用に作成されたソフトウェアも動作する。1996年には、パソコンメーカーが販売するパソコンにプレインストールするバージョンとして、FAT32やOpenGLなどの機能を追加したOSR2

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Windows 95
うぃんどうずきゅうじゅうご

1995年にマイクロソフト社がWindows 3.1の後継として開発・発売したパソコン用オペレーティングシステム(OS)。本格的なGUIを備える。発売当初の数週間で出荷数は700万を超え、パソコンの普及に貢献した。Windows 95は、MS-DOSの動作するPC/AT互換機上で使えるように設計されており、日本国内ではNECのPC-9821シリーズなどのプラットフォームに独自にOSを移植し、動作できるようにしたバージョンも存在した。実行に必要な環境は386DX以上のCPU(中央処理装置)と4メガバイト以上のメモリ(RAM)。インストール用のディスクは、フロッピーディスクおよびCD-ROMフォーマットで用意され、12か国語に対応していた。
 OSの特長は、32ビット化されたAPI、複数の作業がこなせるマルチタスク処理、Mac OSに対抗できるユーザー・インターフェース、ネットワーク機能の強化、マルチメディア機能の搭載、ロングファイルネームのサポート、接続された周辺機器を自動的にOSが認識するプラグ・アンド・プレイ(PnP)など、コンピュータに触れたことのない人でも簡単に扱える操作性を訴求した。インターフェース上での最大の特徴は、スタートメニューを表示させるためのスタートボタンやタスクバー、各ウィンドウでの「最小化」「最大化」「閉じる」ボタンの新設であった。また、バージョンアップ版のWindows 95 OSR2からは、インターネットプロトコルのTCP/IPやブラウザのInternet Explorer 3.02を標準装備するなど、当時普及し始めたインターネットを強く意識した最初のOSでもあった。後継はWindows 98である。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

Windows 95の関連キーワードMicrosoft ExchangeChicago (Windows)Microsoft BackupLongFilename FATユーザーレベルのセキュリティーBSD on WindowsワークグループネットワークMicrosoft FAXコンソールアプリケーション共有レベルのセキュリティーダイヤルアップサーバーLAN ManagerSYSTEM.INIミニポートドライバーWindows NTWindows MeレジストリエディターWindows XPWindows98PowerToys

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android