ウィンドウズ(英語表記)Windows

翻訳|Windows

精選版 日本国語大辞典 「ウィンドウズ」の意味・読み・例文・類語

ウィンドウズ

  1. ( Windows ) パソコンで、複数プログラムを同時に動かし、ディスプレーにそれぞれ分割表示をさせて、作業並行データの相互交換などを行なうオペレーティングシステム。商標名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ウィンドウズ」の意味・わかりやすい解説

ウィンドウズ
Windows

アメリカ合衆国の企業マイクロソフトが開発した,GUIを全面的に取り入れたパーソナル・コンピュータオペレーティングシステム OSコマンドを入力して操作する MS-DOSと異なり,マウスカーソル画面上の図形記号(アイコン)やメニューに合わせ,選択して操作する。複数のアプリケーションを同時に実行できるマルチタスク OSである。またアウトラインフォントを採用し,画面上で見たとおりに印刷できる WYSIWYGを実現した。1985年に登場したウィンドウズ1.0は MS-DOSを基本とし,まだ GUIとして十分ではなかった。1990年にウィンドウズ3.0が発売,1992年に発売された後継のウィンドウズ3.1は IBMのパソコン互換機である DOS/V機ブームに乗りパソコンの標準 OSとなった。日本語版は 1.0が 1986年,3.1が 1993年に発売された。1995年発売のウィンドウズ95は,3.1の操作環境を大幅に改善,ウィンドウズ98,ウィンドウズMeが続いた。1993年に発売されたウィンドウズNTは高性能機やサーバ向けに開発された高機能版で,ウィンドウズ2000はその後継版。2001年に発売されたウィンドウズXPで,一般向け OSの 95系列と上位 OSの NT系列が統合された。2006年に発売されたウィンドウズVistaではセキュリティ強化がはかられた。2009年にはウィンドウズ7が発売。2012年,直接画面に触れても動作する新しいインターフェース(→マン・マシン・インターフェース)を導入したウィンドウズ8が発売,タブレット型コンピュータに対応した。このほか 1996年には携帯情報端末用 OSのウィンドウズCEが発売されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パソコンで困ったときに開く本 「ウィンドウズ」の解説

ウィンドウズ

マイクロソフト製のOSの名称です。世界中のコンピュータに組み込まれているOSの多くは同社製のものです。作られた時期や対象の機械によっていろいろな種類に分かれています。
⇨OS、マイクロソフト

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

百科事典マイペディア 「ウィンドウズ」の意味・わかりやすい解説

ウィンドウズ

Microsoft Windows

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android