X線写真(読み)エックスせんしゃしん

世界大百科事典 第2版の解説

エックスせんしゃしん【X線写真 radiography】

写真フィルムがX線に感ずることを利用して写真像をつくる方法。X線写真は1895年X線が発見された直後から医学的診断の目的を主として研究が進められ,1913年に最初の医療用X線フィルムがコダック社から発売された。また,1912年ドイツのM.T.F.vonラウエによってX線回折写真の方法が考案され,X線写真が結晶構造解析に利用されるようになった。30年代にはX線写真による工業材料の非破壊検査(X線探傷)が実用された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

エックスせん‐しゃしん【X線写真】

〘名〙 物体にX線を照射して、撮影した写真。疾病の診断、美術品の鑑定、生物学や金相学などでは、細胞や結晶の研究に利用される。→レントゲン写真

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のX線写真の言及

【ラジオグラフィー】より

…放射線を物質に照射し,透過撮影図をフィルム上に記録して,被検体の内部における密度の不均一性を,その透過度の差から見いだし,金属構造物の内部構造や欠陥部を検査する手法をいう。超音波探傷法,磁気探傷法などと合わせて非破壊検査の重要な手法である。工業用X線装置からの200~400kVのX線を用いることが多いが,透過力の強いγ線を用いることもあり,この場合にはγ線ラジオグラフィーと呼ばれる。γ線ラジオグラフィーはX線ラジオグラフィーと比べ,移動が簡単でどこでも非破壊検査を行うことができるという特徴がある。…

【科学写真】より

…(5)は可視光線以外の電磁波を利用する撮影法。赤外線(赤外線写真),紫外線(紫外線写真),X線(X線写真),γ線,β線の利用がおもなもの。可視光線ではあるが,シュリーレン写真や偏光写真も,電磁波の特徴を巧みに利用した観察方法となっている。…

【写真】より

…このプロセスで得る画像は,原則的に二次元平面上の可視像の形であることが写真の特徴といえる。
[写真像の形成]
 一般写真撮影,映画,X線写真などに使われるフィルムは,ハロゲン化銀(臭化銀)に微量のヨウ化銀を混ぜてゼラチン中に分散させた写真乳剤を,支持体フィルムに塗布,乾燥したものである。写真撮影によってフィルムを露光するとハロゲン化銀は光化学変化を起こしてハロゲン化銀結晶中に銀原子集団を作るが,この状態では乳剤の外観の変化は起こらず潜像が形成された状態である。…

※「X線写真」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

X線写真の関連情報