コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

X線望遠鏡(読み)エックスセンボウエンキョウ

デジタル大辞泉の解説

エックスせん‐ぼうえんきょう〔‐バウヱンキヤウ〕【X線望遠鏡】

X-ray telescope》天体の発するX線を観測する装置。X線は地球大気を透過せず、光学レンズも透過しないので、細い金属線を平行に多数配置した特殊装置を人工衛星に搭載して大気圏外で観測を行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

X線望遠鏡【エックスせんぼうえんきょう】

天体から放射されるX線を検出するための装置。比例計数管,半導体検出器などのX線検出器と一定の方向からやってくるX線のみが入射するようにするためのコリメーターとを組み合わせたものや,反射鏡によってX線を集めるX線反射望遠鏡が主。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エックスせんぼうえんきょう【X線望遠鏡 X‐ray telescope】

気球,ロケット,人工衛星などの飛翔(ひしよう)体に搭載して大気圏外からX線天体位置を決め,その大きさ,形などを測る装置。高い精度,角分解能を必要とする場合に使われる方法は今のところ二つある。その一つはすだれコリメーターと呼ばれるものである。2枚以上のすだれ状の金属マスクをとおして天空が縞状に見えることを利用する。飛翔体の姿勢が変わるとともに天体はこの縞に見え隠れする。そのようすから天体の位置,大きさ,形を測るのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

X線望遠鏡の関連情報