コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

YS11 ワイエスじゅういち

3件 の用語解説(YS11の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

YS11【ワイエスじゅういち】

日本で開発(第2次大戦後初)された双発ターボプロップ短距離中型輸送機。YSは,国産民間機設置のため1956年通商産業省(当時)が設立した財団法人輸送機設計研究協会(東京・駒場に設置)の名称に由来する。
→関連項目航空宇宙工業旅客機

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

YS11

日本航空機製造(国と民間が1959年に設立)が製作した中型プロペラ毅ロールスロイス社製のエンジンを積み、標準で64席を備える。62年に初飛行し、65年に路線就航。試作機を含めると182機が生まれたが、ジェット機全盛時代を迎えて73年で製造中止に。自衛隊海上保安庁などでも使われ、日本で退役した機体を含め70機以上が、今も東南アジアなどで飛んでいる。

(2006-04-15 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワイエス‐じゅういち(YS-11)

日本航空製造が開発・製造した双発ターボプロップエンジン方式の中型輸送機。昭和40年(1965)運用開始。昭和48年(1973)までに182機が生産され、海外にも輸出された。国内では平成15年(2003)まで旅客機として就航。自衛隊にも配備され、航空自衛隊では現在も12機が運用されている(平成27年12月現在)。
[補説]「YS」は日本航空製造株式会社の前身であった「輸送機設計研究会」の「輸送機」と「設計」のローマ字での頭文字に由来。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

YS11の関連キーワード国際民間航空機関民間航空機日本の航空産業三菱重工業熊本航空機製作所日本航空機製造[株]航空機製造事業法大日本航空[株]大日本航空機タイヤ[株]日本航空機規格中日本航空

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

YS11の関連情報