コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

s s

知恵蔵の解説

s

」のページをご覧ください。

S

ジーメンス」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

S

スタートしてすぐ先頭誘導員の直後につけること。昔の競輪ではこの位置からそのまま逃げることが多かったため、今でも“正攻法の位置”と呼ばれることがあるが、近年の競輪では不利な位置とされる。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

S

日本のポピュラー音楽。歌は日本のバンド、シド。2012年発売。作詞:マオ、作曲:御恵明希。同年公開の映画「貞子3D」の主題歌

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

S

ドイツ Siemens〗 電流のコンダクタンスの SI 単位ジーメンスを表す記号。オームの逆数。
〖sister〗 (エス)同性愛の相手。かつて女学生の間で用いられた語。
〖slow〗 時計の調節記号で、「遅く」の意。
〖small〗 大きさが普通よりも小さいことを示す記号。
〖south〗 磁石・コンパスの南を表す記号。 → N
〖south latitude〗 南緯を表す記号。
〖sport type〗 自動車の「スポーツ-タイプ」の意の記号。
〖sulfur; sulphur〗 硫黄の元素記号。

S

〖square〗
面積を表す記号。

s

〖second〗
時間の単位、秒を表す記号。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

S
えす

英語アルファベットの第19字。2本の歯を表すエジプトの象形文字を起源とし、Wに類似したセム文字を経由して発達した。ギリシア文字にはsの音を表記するものとしてσとがあったが、シグマからラテン文字を通じて現在の形となった。化学では硫黄(いおう)を表す元素記号であり、方位では南を、服などのサイズでは小smallを、また文法用語では単数を表す。天気図では雪の略号であり、通貨単位で$はドルを表す。中世ローマ数字では7または70を表していた。S.O.S.は俗にいうSave Our Soul (Ship)の略ではなく、危急の際にもっとも打電しやすいモールス信号の組合せである。英語においてsは名詞の複数形を表す語尾であり、動詞の三人称単数現在、直接法能動態を示す語尾である。また'sは所有格を示す語尾であり、口語ではis, has, doesなどの省略形として用いられる。[斎藤公一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

sの関連キーワードバランスシート Balance SheetバチェラーオブサイエンスH.S. リービィットセントフィリップ大聖堂エスじょうけっちょう聖ジョージマーケットPhoto SoapV.S. ナイポール聖カテリーナ修道院聖エカテリニ修道院S. ヴェニゼロスショトジット ライフィッシャー分布初期微動継続時間セントアン大聖堂カブト虫殺人事件短波長感受性錐体聖カタリナ修道院キングジョン城S2ビデオ端子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

sの関連情報