コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

s s

8件 の用語解説(sの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

s

」のページをご覧ください。

S

ジーメンス」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

S

スタートしてすぐ先頭誘導員の直後につけること。昔の競輪ではこの位置からそのまま逃げることが多かったため、今でも“正攻法の位置”と呼ばれることがあるが、近年の競輪では不利な位置とされる。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
とっさの日本語便利帳について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

S

日本のポピュラー音楽。歌は日本のバンド、シド。2012年発売。作詞:マオ、作曲:御恵明希。同年公開の映画「貞子3D」の主題歌

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

S

ドイツ Siemens〗 電流のコンダクタンスの SI 単位ジーメンスを表す記号。オームの逆数。
〖sister〗 (エス)同性愛の相手。かつて女学生の間で用いられた語。
〖slow〗 時計の調節記号で、「遅く」の意。
〖small〗 大きさが普通よりも小さいことを示す記号。
〖south〗 磁石・コンパスの南を表す記号。 → N
〖south latitude〗 南緯を表す記号。
〖sport type〗 自動車の「スポーツ-タイプ」の意の記号。
〖sulfur; sulphur〗 硫黄の元素記号。

S

〖square〗
面積を表す記号。

s

〖second〗
時間の単位、秒を表す記号。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

S
えす

英語アルファベットの第19字。2本の歯を表すエジプト象形文字を起源とし、Wに類似したセム文字を経由して発達した。ギリシア文字にはsの音を表記するものとしてσとがあったが、シグマからラテン文字を通じて現在の形となった。化学では硫黄(いおう)を表す元素記号であり、方位では南を、服などのサイズでは小smallを、また文法用語では単数を表す。天気図では雪の略号であり、通貨単位で$はドルを表す。中世ローマ数字では7または70を表していた。S.O.S.は俗にいうSave Our Soul (Ship)の略ではなく、危急の際にもっとも打電しやすいモールス信号の組合せである。英語においてsは名詞の複数形を表す語尾であり、動詞の三人称単数現在、直接法能動態を示す語尾である。また'sは所有格を示す語尾であり、口語ではis, has, doesなどの省略形として用いられる。[斎藤公一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

sの関連キーワードヨネスケトヨタセンチュリーVG20Dロータリエンジン 10A 型アジアカップ恵庭事件北欧映画カーターソユーズドヌーブビアフラ戦争

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

sの関連情報