コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《オクタウィア》 おくたうぃあ

世界大百科事典内の《オクタウィア》の言及

【オクタウィア】より

…復帰の風聞が民衆の期待を集めると,ネロは姦通と反逆罪のかどでパンダテリアに追放した後,処刑した。彼女の悲劇的な運命は伝セネカ作《オクタウィア》としてネロの死後劇化されている。【本村 凌二】。…

【ローマ演劇】より

…彼の残した9編の悲劇はすべて〈クレピダタ劇〉で,《アガメムノンAgamemnon》《ファエドラPhaedra》《メデアMedea》などが有名である。現存する唯一の〈プラエテクスタ劇〉である《オクタウィアOctavia》はセネカ作と伝えられるが,偽作であることがほぼ確実な作品である。セネカの作品は舞台上演を企図して書かれた作品ではなくて,いわゆるレーゼドラマである。…

※「《オクタウィア》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《オクタウィア》の関連キーワードアントニウス(古代ローマ軍人)ドミチウス・アヘノバルブスアントニーとクレオパトラセネカ(小セネカ)アグリッピナ(小)ポッパエア・サビナアントニア(大)プラエテクスタ劇アントニア(小)クレオパトラアウグスツスアントニウスオクタウィアメッサリナマルケルスドルススネロ