コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ある婦人の肖像 あるふじんのしょうぞうThe Portrait of a Lady

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ある婦人の肖像
あるふじんのしょうぞう
The Portrait of a Lady

アメリカの小説家 H.ジェームズの小説。 1881年刊。美しく賢明なアメリカ娘イザベルはイギリスで一貴族から求婚されるが,イタリアで知合ったアメリカ人オズモンドに魅せられてその後妻となる。しかし先妻の娘とされていたパンジーの結婚問題に際して,パンジーが自宅に出入りするマール夫人と夫の間の子であることを知り,夫が自分の財産を目当てに結婚した俗物にすぎないことを悟るが,イザベルは自己の運命に耐え,自分を信頼しているパンジーへの愛情に生きようとする。イザベルの悲劇的性格とそれを描く間接的手法,物語と作者の倫理観とがみごとな調和を示し,ジェームズの初期における最高の傑作とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あるふじんのしょうぞう【ある婦人の肖像 The Portrait of a Lady】

アメリカの作家H.ジェームズの小説。1881年刊。魅力あふれるアメリカ娘イザベル・アーチャーのヨーロッパ探求を克明にたどった作品。ロンドン郊外の由緒ある豪邸に登場した彼女は,そのみずみずしい感性,知的な容姿の美しさ,才気煥発の発言によって居合わせた者を魅了する。一方彼女もこの館の豊かな完成美と光栄ある過去を,自分の憧れていたヨーロッパ文化の精華として受けとめ,さらに深いヨーロッパ体験へと進んでゆく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ある婦人の肖像
あるふじんのしょうぞう
The Portrait of a Lady

アメリカの小説家ヘンリー・ジェームズの初期を代表する長編小説で、「国際物語」の一つ。1881年刊。主人公イザベルは、人生の自由な、無限の探究を理想とするアメリカ娘である。叔母に連れられてイギリスに渡り、銀行家である叔父のタチェットとその息子のラルフに会う。自らの理想を貫くために、イギリス貴族ウォーバートン卿(きょう)と、アメリカの実業家カスパー・グッドウッドの求婚を断るが、ラルフの好意により、叔父の遺産の一部を受け、さらに大きな人生の自由を入手する。その後フローレンスで、優雅なマダム・マールの紹介で、美しい少女を連れた、美の使徒とも思えるギルバート・オズモンドを知り結婚するが、少女のための持参金目当ての計略にだまされていたことを発見する。それにもかかわらず、不自由と苦しみの人生をあえて甘受し、それを通して人間的成熟を望むという、アイロニーを基調とした作品である。[岩瀬悉有]
『斎藤光訳『筑摩世界文学大系49 ある婦人の肖像』(1972・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のある婦人の肖像の言及

【ジェームズ】より

…成人後もヨーロッパ旅行は続いたが,滞英中に愛していた従妹の死を知り衝撃を受けた。彼女は《ある婦人の肖像》《鳩の翼》の主人公の原型となった。75年以後ヨーロッパに永住の決意を固め,最初はパリでツルゲーネフ,フローベール,ゾラらと交遊,ついでロンドンに移り次々に小説を発表してゆく。…

※「ある婦人の肖像」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ある婦人の肖像の関連キーワードジェームズ(Henry James)ヘンリー ジェームズフェケ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android