いずみや

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

いずみや


愛媛の郷土料理で、米の代わりにおからを用いたすし。このしろ・あじ・いわし・さばなどを三枚におろして甘酢に漬け、これを甘酢で調味してしょうが・麻の実などを混ぜ、俵形ににぎったおからにのせたもの。江戸時代中期、大阪から新居浜別子銅山の開発に来た住友家が伝えたとされる。◇住友家の屋号泉屋」に由来する。南予地方では「丸ずし」「ほうかんむり」ともいう。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

いずみや

愛媛県新居浜市を中心とする東予地方の郷土料理。甘酢に漬け込んだ小魚の背に、から炒りしたおから・ショウガ・麻の実などを詰めたもの。別子銅山を開発した大阪の住友家が伝えたため、屋号の「泉屋」で呼ばれるようになったとされる。南予地方では「丸ずし」という。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いずみやの関連情報