いっかくじゅう座(読み)いっかくじゅうざ(英語表記)Monoceros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

いっかくじゅう座
いっかくじゅうざ
Monoceros

一角獣座。オリオン座おおいぬ座こいぬ座に挟まれた赤道上の星座で,天の川の中にある。概略位置は赤経 7時,赤緯-3゜。3月の宵に南中する。ε星は光度 4.48等と 6.54等の美しい重星で,ほかにも変光星星団星雲が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

いっかくじゅう座
いっかくじゅうざ / 一角獣座

オリオン座のベテルギウス、こいぬ座のプロキオン、おおいぬ座のシリウスの3個の1等星を結んでできる「冬の大三角」の中ほどに横たわる星座。3月の南天にもっとも高く見られる。いちばん明るいβ(ベータ)星が3.9等で、あとはみなそれ以下の暗い星ばかりなので、頭に長い角(つの)を生やした想像上の動物である一角獣の姿は見つけにくい。ただ、冬の南天にかかる天の川の中にあるため、散開星団や散光星雲など見るべきものがたくさんある。なかでもばら星雲は有名である。[藤井 旭]
『デイビッド・マリン著、長谷川哲夫訳『デイビッド・マリンの驚異の大宇宙』(2000・ニュートンプレス)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android