えびの市(読み)えびの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「えびの市」の解説

えびの〔市〕
えびの

宮崎県西部川内川の最上流域加久藤盆地とその周辺を占める市。東は小林市,西と南は鹿児島県,北は熊本県にそれぞれ接している。1966年飯野町,加久藤町,真幸町の 3町が合体,1970年市制。平安時代は藤原氏の荘園,鎌倉時代から日下部氏,北原氏が支配。永禄7(1564)年以来明治まで島津氏に属した。中部に加久藤,東部に飯野の中心市街地がある。盆地中央を川内川が流れ,農業地帯を形成。良質の米,園芸作物を産する。南部に霧島錦江湾国立公園に属する霧島山韓国岳,甑岳(こしきだけ),白鳥山に囲まれたえびの高原白鳥温泉,西部に京町温泉吉田温泉があり,観光資源に富む。甑岳針葉樹林およびノカイドウ自生地はともに国の天然記念物。JR吉都線,肥薩線,国道221号線,268号線などが通り,九州自動車道と宮崎自動車道のジャンクションがある。面積 282.93km2(境界未定)。人口 1万9538(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android