コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥薩線 ひさつせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肥薩線
ひさつせん

九州南西部を南北に貫く鉄道。 JR九州。全長 124.2km。八代 (熊本県) から人吉を経て鹿児島の北東部を通り,隼人で日豊本線と連絡する。 1909年全通。当初は鹿児島本線の一部であったが,27年海岸線の開通によってローカル線となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

肥薩線【ひさつせん】

八代〜隼人(はやと)間のJR線。営業キロ124.2km。1909年鹿児島本線の一部として全通,1927年川内経由の線の完成によって現名になった。八代から球磨川沿いに人吉に至り,矢岳山付近には急勾配(こうばい)区間があるため,大畑(おこば)付近にはループ線がみられる。
→関連項目大畑[駅]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肥薩線
ひさつせん

九州旅客鉄道の線路名称。八代(やつしろ)(熊本県)―隼人(はやと)(鹿児島県)間124.2キロメートル、全線単線、非電化。八代平野より球磨(くま)川河谷をさかのぼり、人吉(ひとよし)盆地を経て、熊本・鹿児島県境の分水嶺(ぶんすいれい)を矢岳(やたけ)トンネルで貫き、いったん川内(せんだい)川流域を通過したのち、ふたたび分水嶺を越えて、鹿児島湾に注ぐ新川(しんかわ)流域に入る。分水嶺付近は25‰(パーミル)以上の急勾配(こうばい)が連続し、スイッチバック駅(大畑(おこば)、真幸(まさき))やループ線(大畑―矢岳間)がある。1903~1909年(明治36~42)開業。八代―人吉(ひとよし)間は人吉本線、吉松―鹿児島間は鹿児島線として開業したが、1909年の全通とともに門司(もじ)―鹿児島間幹線鉄道である鹿児島本線の一部となった。しかし、急勾配区間を避けるため、八代―鹿児島間では海岸回りの迂回(うかい)線の建設が進み、1927年(昭和2)その全通とともに、八代―吉松―鹿児島間は肥薩線と改称してローカル線となった。続いて1932年、隼人―鹿児島間は日豊(にっぽう)本線に編入され、肥薩線は八代―隼人間のみとなった。
 なお、現在の肥薩線は2代目で、1923~1927年(大正12~昭和2)には、八代海岸沿いに建設された八代―湯浦間が肥薩線とよばれていた。その後海岸回りの八代―鹿児島間の全通とともに鹿児島本線に編入され、肥薩線の線名は古い山越えの鉄道線の名称にかわった。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、九州旅客鉄道に所属。愛称はえびの高原線。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の肥薩線の言及

【鹿児島本線】より

…おもな経由地は福岡県北九州市,福岡市,久留米市,大牟田市,熊本県熊本市,八代市である。門司(現,門司港)~八代間を九州鉄道が,八代~鹿児島間(現在の肥薩線経由)を政府が,それぞれ建設し営業を開始したが,1907年7月九州鉄道を政府が買収し国鉄線となった。買収当時,八代~人吉~吉松間は未開通で,09年11月の門司~鹿児島間の全通により鹿児島本線と改称された。…

※「肥薩線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

肥薩線の関連キーワード人吉・球磨のんびりきっぷ人吉鉄道ミュージアム熊本県葦北郡芦北町霧島山麓観光列車林田[温泉]吉松[町]霧島(市)牧園[町]大村横穴群隼人[町]坂本[村]栗野[町]JR肥薩線大畑[駅]湧水[町]人吉[市]宇城[市]えびの市人吉城跡霧島市

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肥薩線の関連情報