コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おひつじ座 おひつじざAries

翻訳|Aries

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おひつじ座
おひつじざ
Aries

牡羊座。うお座おうし座の間,赤経約 2時30分,赤緯 20°にある黄道星座で 12月の宵に南中。明るい星を含まない。かつて春分点はこの星座にあったが,今日では歳差のためにうお座に移った。α星ハマル(アラビア語で「牡羊」の意味)は実視等級 2.00等,スペクトル型 K2の巨星で 80光年の距離にある。占星術では,黄道十二宮の第1番目。ヒツジの姿はエジプトの神アモンまたはギリシア神話ではフリクソス(アタマス王の息子)がその背に乗ってテッサリアからコルキスへ無事に逃げた金毛のヒツジを表す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おひつじ座
おひつじざ / 牡羊座

秋の宵の中天高く見える星座。黄道十二星座の一つで白羊宮。目をひくのは牡羊の頭の部分で小さな三角形をつくるα(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)の3星だけだが、実際は東隣にあるおうし座のプレヤデス星団近くまで延びている。約2000年前には春分点がこの星座にあり、黄道第1番目の星座として重要視されていた。春分点は現在西へ移動してうお座の西部にある。小望遠鏡ではγ星が、4.7等と4.8等の二つの星からなる二重星として興味深く眺められる。[藤井 旭]
『藤井旭著『秋の星座』(1988・金の星社) ▽小野塚友吉著『星になったギリシア神話』(2000・エール出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

おひつじ座の関連キーワードたかすのばば・たかす笑武師・西本早田悠里子永野慎太郎神田れいみさんかく座伊東さくらちゃちゃ丸居川まりさ梅澤桃香枯木彩那今井早苗KAHO内山愛翔山田朋裕齊藤夢耶桜井美宇Nao☆森日菜美石川美樹

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おひつじ座の関連情報