コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神楽面 かぐらめん

5件 の用語解説(神楽面の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神楽面
かぐらめん

神楽に用いられる面。宮中の御神楽では用いないが,地方に伝わる里神楽で使用する。鎮魂の儀式としての神楽では,舞人や採物を清める清めの舞や,湯立などを行うが,それには面を用いない。その後,神の降臨を仰ぎ行う余興の部分に,古猿楽の影響により面を用いた舞が行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かぐら‐おもて【神楽面】

神楽を奏する人。また、その人の顔。
「酔ひ過ぎにたる―どもの、おのが顔をば知らで」〈・若菜下〉

かぐら‐めん【神楽面】

神楽2に使う仮面。男神面・女神面などのほか、おかめ・ひょっとこ・天狗・狐(きつね)などがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かぐらめん【神楽面】

神楽といわれる神事芸能のうち,採物(とりもの)神楽や能神楽の系統に使用された仮面。出雲神楽の流れでは島根県鹿足郡日原町の柳神楽に1506年(永正3)の鬼面があり,高千穂神楽では高千穂神社に1662年(寛文2)の鬼面が保存されているが,多くは近世に能,狂言,あるいはその先行芸能である猿楽,田楽などの仮面の影響下に製作されたものである。柳神楽の鬼面も猿楽などの仮面の転用かもしれない。品川神社(東京)の里神楽の仮面の中には舞楽面の二ノ舞面が混入したりしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神楽面の関連情報