コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お駒才三 オコマサイザ

3件 の用語解説(お駒才三の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おこま‐さいざ【お駒才三】

浄瑠璃恋娘昔八丈(こいむすめむかしはちじょう)」などの男女の主人公。城木屋の娘お駒と髪結い才三郎。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おこまさいざ【お駒才三】

浄瑠璃「恋娘昔八丈」の通称。また、その主人公、城木屋お駒と髪結い才三郎のこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

お駒才三
おこまさいざ

浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎(かぶき)に登場する人名。日本橋の材木商白子屋(しろこや)の娘お熊(くま)が手代の忠八と密通、婿の殺害を図ったため、1727年(享保12)大岡越前守(えちぜんのかみ)の裁判で死刑になったという巷説(こうせつ)による。処刑のとき黄八丈の着物を着たのが評判になり、城木屋お駒と髪結才三の情話として脚色され、松貫四(まつかんし)、吉田角丸合作の浄瑠璃『恋娘昔八丈(こいむすめむかしはちじょう)』(1775)をはじめ多くの戯曲に扱われた。河竹黙阿弥(もくあみ)の『梅雨小袖(つゆこそで)昔八丈』(髪結新三(かみゆいしんざ))も、その書替狂言である。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お駒才三の関連キーワード梅雨小袖昔八丈八丈恋娘昔八丈城木屋娘婿お駒・才三松貫四(初代)吉田角丸吉田仲二松貫四

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone