コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お駒才三 オコマサイザ

大辞林 第三版の解説

おこまさいざ【お駒才三】

浄瑠璃「恋娘昔八丈」の通称。また、その主人公、城木屋お駒と髪結い才三郎のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

お駒才三
おこまさいざ

浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎(かぶき)に登場する人名。日本橋の材木商白子屋(しろこや)の娘お熊(くま)が手代の忠八と密通、婿の殺害を図ったため、1727年(享保12)大岡越前守(えちぜんのかみ)の裁判で死刑になったという巷説(こうせつ)による。処刑のとき黄八丈の着物を着たのが評判になり、城木屋お駒と髪結才三の情話として脚色され、松貫四(まつかんし)、吉田角丸合作の浄瑠璃『恋娘昔八丈(こいむすめむかしはちじょう)』(1775)をはじめ多くの戯曲に扱われた。河竹黙阿弥(もくあみ)の『梅雨小袖(つゆこそで)昔八丈』(髪結新三(かみゆいしんざ))も、その書替狂言である。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

お駒才三の関連キーワード蔦紅葉宇都谷峠白子屋お熊

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android