コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城木屋 シロキヤ

デジタル大辞泉プラスの解説

城木屋

古典落語の演目のひとつ。「東海道・奉行・タバコ入れ」を題にした三題ばなしとされる。「お駒丈八」とも。五代目古今亭志ん生が得意とした。オチは考えオチ。主な登場人物は、奉行、番頭。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しろきや【城木屋】

新内節の曲名。義太夫節の一部をとって新内化した段物恋娘昔八丈(こいむすめむかしはちじよう)》(通称《お駒才三(おこまさいざ)》)の一部。同名の義太夫節《恋娘昔八丈》が流行曲となったので,天保~嘉永(1830‐54)のころ,2世鶴賀鶴吉の時代に,その四段目《城木屋》から脚色された。お家の宝詮議のため髪結となった才三が城木屋へ来ると,恋人お駒には,今夜,持参金つきの婿がくるという。才三がお駒を責めると〈お駒は顔を振り上げて〉以下のクドキとなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しろきや【城木屋】

人形浄瑠璃「恋娘昔八丈」四段目の通称。
新内節「恋娘昔八丈」の一段。初世鶴賀若狭掾作曲。歌詞は同名の義太夫をそのまま使用。お駒のくどきの部分が有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

城木屋の関連キーワード竹本 綾瀬太夫(2代目)豊竹 呂太夫(2代目)竹本筆太夫(初代)落語の演題人形浄瑠璃吉田仲二くどき鈴ヶ森

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android