きだ・みのる(読み)きだみのる

日本大百科全書(ニッポニカ)「きだ・みのる」の解説

きだ・みのる
きだみのる
(1895―1975)

小説家。本名山田吉彦。奄美(あまみ)大島名瀬(なぜ)の生まれ。アテネ・フランセの創設者J・コットの薫陶を受け、パリ大学で古代社会学を専攻。ファーブル昆虫記』、レビ・ブリュールなどの訳著がある。東京・八王子市外の閉鎖的な一集落を鏡として、生態史的な方法によって日本文化の原形を探った小説『気違い部落周游(しゅうゆう)紀行』(1946。毎日出版文化賞)、エッセイ『日本文化の根底に潜むもの』(1956)などで文壇に新風を吹き込み、自伝風の『道徳を否(いな)む者』(1955)、『単独生活者の手記』(1963)のほか、大船渡(おおふなと)市に転住して「気違い部落」の漁村版『渚(なぎさ)と潮』(1961)を書いた。

[高橋新太郎]

『『きだみのる自選集』全4巻(1971・読売新聞社)』『『気違い部落周游紀行』(冨山房百科文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「きだ・みのる」の解説

きだ・みのる

小説家,エッセイスト。本名山田吉彦。奄美大島生れ。慶応大学理財科中退。パリ大学でマルセル・モース師事。《気違い部落周游紀行》(1948年)で毎日出版文化賞受賞。東京近郊の村落共同体の持つ日常的な論理を描くことによって,特異な文明批評観点を確立した。翻訳レビ・ブリュール未開社会の思惟》,ファーブル《昆虫記》(林達夫共訳)などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報