ぎくぎく(読み)ギクギク

デジタル大辞泉の解説

ぎく‐ぎく

[副](スル)
物の節目や継ぎ目、また、堅い物などがきしむさま。また、その音を表す語。ぎしぎし。「からだの節々がぎくぎく(と)する」
ぎこちないさま。ぎくしゃく。「ぎくぎくした動作」
恐れ驚くさま。びくびく。
「三上の一言に、…―していた」〈葉山海に生くる人々
痛みうずくさま。ずきずき。
「傷はいつまでも―と痛み続ける」〈三重吉・小鳥の巣〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎくぎく

( 副 ) スル
運動・動作などが滑らかに行われないさま。また、そのときに起こる音を表す語。 「膝が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android