コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こたつ(炬燵) こたつ

2件 の用語解説(こたつ(炬燵)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

こたつ(炬燵)【こたつ】

日本独特の暖房用具。畳に切り込んだ掘りごたつと,移動できる置きごたつがある。炭火,たどん,豆炭などが熱源に使われたが,近年は簡便な電気ごたつが広く普及。やぐらの上面に電熱器を取り付けるが,赤外線ランプを照射する赤外線電気ごたつも多く使用されている。
→関連項目暖房

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こたつ【こたつ(炬燵)】

炉の上に櫓(やぐら)をかけ布団で覆って暖を採る設備。炬燵,火燵,火闥,火榻などと書くが,日本での造語である。掘りごたつと置きごたつとあり,掘りごたつは囲炉裏から,置きごたつは火鉢から発達している。掘りごたつのほうが古く,室町時代に出現した。最初は,囲炉裏の火が〈おき〉になったときなどに上に櫓をかけ,紙子(かみこ)などをかぶせて,櫓に足をのせて暖めていたようだ。このため櫓も低く,形も櫓の上面が格子でなく簀の子になっていたようである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

こたつ(炬燵)の関連キーワード櫓太鼓上掛炬燵櫓門櫓櫓炬燵櫓船櫓門渡り櫓掛布団組夜具

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone