コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こゝろ こころ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

こゝろ
こころ

夏目漱石長編小説。 1914年4月 20日~8月 11日,『朝日新聞』連載。「先生と私」「両親と私」「先生の遺書」の3部から成る。両親の遺産を叔父に詐取され,人間不信に陥った「先生」は,親友のKを裏切って恋人を得たが,Kの自殺による罪の意識のため,自己苛責の退隠の生涯を過し,明治天皇の死と乃木希典殉死に触発されてついに命を断つ。前半は「私」という学生の目で間接的に表現,後半は「先生」の遺書という直接的告白体の対照的手法で,近代エゴイズム必然自他を傷つけるというテーマを追究,明治の知識人の孤独な内面をあばいた傑作である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

こゝろ【こころ】

夏目漱石中編小説。1914年《朝日新聞》に《》のタイトルで連載。同年《こゝろ》に改めて刊。親友を裏切ったため苦しみ自殺する主人公〈先生〉の孤独な内面を,前半は〈私〉という学生の眼をとおして間接的に,後半は〈先生〉の遺書という書簡体をとって描いている。
→関連項目岩波書店[株]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こころ【こゝろ】

夏目漱石の中編小説。〈上・先生と私〉〈中・両親と私〉〈下・先生と遺書〉の三部構成。1914年(大正3)4~8月,東京・大阪の《朝日新聞》に連載。同年岩波書店刊。明治44年の夏,大学生の〈私〉が鎌倉の海岸で〈先生〉と知り合い,何か秘密を抱いた淋しい翳(かげ)のあるこの壮年の男にひかれていく。2人の心の交流の過程を,夏から秋,翌年の青葉の頃へと,めぐる季節の色調とともに静謐(せいひつ)で透明な文体で描く〈先生と私〉は美しい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こころ【こゝろ】

小説。夏目漱石作。1914年(大正3)「朝日新聞」連載。エゴイズムに悩みつつ、明治の精神に殉じて自殺する「先生」の心を通して生の孤独感を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

こゝろ
こころ

夏目漱石(なつめそうせき)の長編小説。1914年(大正3)4月20日から同年8月11日まで、東京・大阪の『朝日新聞』に連載(初出は『心』)。同年9月、岩波書店より刊行。「先生と私」「両親と私」「先生と遺書」の3部からなる。大学生の〈私〉は鎌倉の海で会った〈先生〉に惹(ひ)かれ、傾倒してゆく。しかし、世間から隠れるように暮らしている先生は容易に心を開かない。その謎(なぞ)の多い言動が、自殺した先生の遺書によって解明されるという構成をとっている。恋のために友人を裏切り、自殺させた過去をもつ先生は、罪の意識ゆえに自己処罰の道を選び、乃木(のぎ)大将の殉死に感動して自殺する。漱石文学の根本の主題である愛とエゴイズムの問題が、つきつめた自己否定に到達した知識人の苦悩を通じて描かれるが、先生を〈明治の精神〉に殉死させたところに、明治的倫理の体現者としての漱石の独自性がみられる。時代精神と人間性に対する洞察の徹底した傑作である。[三好行雄]
『『こころ』(岩波文庫・旺文社文庫・角川文庫・講談社文庫・新潮文庫) ▽三好行雄著『鴎外と漱石』(1983・力富書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

こゝろの関連キーワード岩波書店[株]あたじけないコンラッド鹹映ゆい染付ける井関照子若若しい三好行雄客をする彼岸先生開け放し小正月青柳のきちり手重い唐めく言越すゴム輪盛潰す出立点

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こゝろの関連情報