コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さんす サンス

デジタル大辞泉の解説

さんす[助動]

[助動][さんせ・さんしょ|さんし|さんす・さんする|さんす・さんする|さんすれ|さんせ]《動詞「さんす」の助動詞化》動詞の上一段・下一段・上二段・下二段活用の未然形に付き、カ変動詞には連用形にも付く。丁寧の意を含んだ尊敬を表す。…なさいます。
「絹の下帯かいてゐさんす」〈浮・一代女・二〉
[補説]近世前期、上方の遊女の用いた語で、元禄(1688~1704)ごろからは一般の女性も用いるようになった。→しゃんす

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんす

( 動サ特活 )
〔サ変動詞「する」に助動詞「さんす」が付いた「せさんす」の転〕
「する」の意の尊敬語に丁寧の意が加わった語。なさいます。 「無体な事を言ひ掛けて、後で難儀を-・すなえ/浄瑠璃・双蝶蝶」 〔活用は助動詞「さんす」に同じ〕

さんす

( 助動 ) ( さんせ ・さんし ・さんす(さんする) ・さんす(さんする) ・さんすれ ・さんせ )
〔近世上方の遊女語。一般の女性語としても用いられ、のちさらに男性も用いることがあった〕
動詞およびある種の助動詞の未然形(カ変には連用形)に接続する。相手の動作を尊敬していうのに用いる。お…なさいます。 「また来さんしたか/仮名草子・浮世物語」 「なぜに大きい声してこの本を読まさんす/歌舞伎・好色伝授」 「これ見さんせ/浄瑠璃・吉野都女楠」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

さんすの関連キーワード読経しちゃうぞ!富山県砺波市福山寛政の三博士篠倉 伸子平井奈津子月の桂の庭四季山水図下さんす青緑山水為さんす服部紗弥木賃泊り井上昌倫下はんすやさんすさあんす山水屏風伊崎寿克浮世物語山水長巻

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さんすの関連情報