コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しゃぎり しゃぎり

2件 の用語解説(しゃぎりの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しゃぎり

歌舞伎の下座音楽の一。一幕終わるごとに太鼓・大太鼓・能管で奏する。最終幕には奏さない。
当たり鉦がね 」に同じ。
民俗芸能で、邌物ねりものの行列に奏する囃子はやし
狂言で、めでたくにぎやかな雰囲気を表す笛の節の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

しゃぎり
しゃぎり

(1)狂言の囃子(はやし)。シャギリと書く。能管(のうかん)(笛)だけで演奏する。概して一曲がめでたく和解で終わるとき、登場人物が左右中と跳び「イーヤァ」と掛け声をかけながら片膝(かたひざ)つく型について吹く、浮きやかで軽妙な手法。この囃子で終曲するのをシャギリ留(どめ)といい、流儀によって異なるが、数曲あるいは十数曲がこの演出をとる。
(2)歌舞伎(かぶき)の囃子。歌舞伎囃子のうち「儀礼囃子」に属する。各種のしゃぎりがあり、大太鼓、太鼓、能管の用いられることが多い。ただ「しゃぎり」とよばれる手法は、幕切れの止(と)め柝(ぎ)のあとに演奏され、終幕をはっきり際だたせる効用をもつ。そのほか現在演奏されているものに、元来は座頭(ざがしら)役者の到着を知らせたらしいがいまは舞台の緞帳(どんちょう)を下ろし観客を入場させる合図として打っている「着到(ちゃくとう)しゃぎり」、また松羽目物(まつばめもの)などの幕開きや口上など儀式的な一幕の幕開き・幕切れ、あるいは舞踊物の伴奏音楽に打つ「片(かた)しゃぎり」がある。「片しゃぎり」は儀礼的に用いられるときは太鼓・能管だけで演奏するが、舞踊物に使うときは大太鼓が加えられる。往々「砂切」と書かれるが、語源は不明。[小林 責]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

しゃぎりの関連情報