じとつく

精選版 日本国語大辞典の解説

じと‐つ・く

〘自カ五(四)〙 (「つく」は接尾語) (空気や衣服などが普通以上に水気を含んで)じとじとする。湿気を帯びる。
※潮風(1920‐21)〈里見弴〉一二「どこからともなく吹き込む浜風に、気持悪くジトつく畳の上に腹匐ひになって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android