コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濡つ ソボツ

デジタル大辞泉の解説

そぼ・つ【×濡つ】

《古くは「そほつ」「そほづ」》
[動タ四]
雨や涙などにしっとり濡れる。うるおう。
「浅みにや人はおりたつ我がかたは身も―・つまで深きこひぢを」〈・葵〉
雨がしとしと降る。そぼ降る。→降り濡(そぼ)つ
「あけぬとてかへる道にはこきたれて雨も涙もふり―・ちつつ」〈古今・恋三〉
[動タ上二]1に同じ。
「あさ氷とくる間もなき君によりなどて―・つる袂なるらむ」〈拾遺・恋二〉
[補説]現代では「濡れそぼつ」などの形で文章語としてのみ用いられる。また、2は、連用形用例しかないので、活用は上二か四段か判定しがたい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そぼつ【濡つ】

〔古くは「そほつ」「そほづ」〕
( 動四 )
ぐっしょりぬれる。うるおう。 「稲葉の露に-・ちつつ分け行くほど/徒然 44
雨がしとしとと降る。そぼふる。 「初時雨くもりもあへずふり-・ち/蜻蛉 」 〔現代では「ぬれそぼつ」など、複合語形で用いられる〕
( 動上二 )
に同じ。 「あさごほりとくるまもなき君によりなどて-・つる袂なるらむ/拾遺 恋二

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

濡つの関連キーワード文章語つま補説

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android