コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濡つ ソボツ

2件 の用語解説(濡つの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そぼ・つ【×濡つ】

《古くは「そほつ」「そほづ」》
[動タ四]
雨や涙などにしっとり濡れる。うるおう。
「浅みにや人はおりたつ我がかたは身も―・つまで深きこひぢを」〈・葵〉
雨がしとしと降る。そぼ降る。→降り濡(そぼ)つ
「あけぬとてかへる道にはこきたれて雨も涙もふり―・ちつつ」〈古今・恋三〉
[動タ上二]1に同じ。
「あさ氷とくる間もなき君によりなどて―・つる袂なるらむ」〈拾遺・恋二〉
[補説]現代では「濡れそぼつ」などの形で文章語としてのみ用いられる。また、2は、連用形の用例しかないので、活用は上二か四段か判定しがたい。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そぼつ【濡つ】

〔古くは「そほつ」「そほづ」〕
( 動四 )
ぐっしょりぬれる。うるおう。 「稲葉の露に-・ちつつ分け行くほど/徒然 44
雨がしとしとと降る。そぼふる。 「初時雨くもりもあへずふり-・ち/蜻蛉 」 〔現代では「ぬれそぼつ」など、複合語形で用いられる〕
( 動上二 )
に同じ。 「あさごほりとくるまもなき君によりなどて-・つる袂なるらむ/拾遺 恋二

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone