コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湿す シメス

デジタル大辞泉の解説

しめ・す【湿す】

[動サ五(四)]
水分を少し与える。しめらす。「ガーゼを―・して傷口をふく」「のどを―・す」
筆に墨をつける。転じて、手紙を書く。「一筆―・しまいらせ候」
水でぬらして火を消す。灯火などを消すことにもいう。
「釣行灯(つりあんどう)の光をわざと―・して」〈浮・一代男・七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しめす【湿す】

( 動五[四] )
水分を少し与えて湿った状態にする。湿らせる。湿らす。 「タオルを-・して顔をふく」 「水でのどを-・す」
筆に墨をつける。また、手紙を書く。 「一筆-・す」 「奉書二枚に長々と-・しまゐらせ/浮世草子・好色万金丹」
水にぬらして火を消す。灯火を消す。 「ほたるほどの火も-・せと/浄瑠璃・碁盤太平記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

湿すの関連キーワード子どもの急性気管支炎エアループ除湿乾燥アトピー性皮膚炎床下防湿施工空気調和設備薬用リシアル日焼けマシンシリカゲル碁盤太平記モイストリベシィ浮世草子釣行灯育苗器湿し暖房保湿空翠目釘一筆

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湿すの関連情報