コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湿る シトル

デジタル大辞泉の解説

しと・る【湿る】

[動ラ五(四)]しっとりとぬれる。しめりけを含む。しめる。
「夜霧に―・った娘の浴衣の袂(たもと)の中に」〈風葉・五反歩〉

しめ・る【湿る】

[動ラ五(四)]
乾いていたものが水分を含んでぬれた感じになる。水気を帯びる。「夜露で―・った地面」「―・っている洗濯物」
気がめいる。物思いに沈む。また、元気がなく沈んだ状態になる。振るわない。「―・って重苦しい雰囲気」「打線が―・って快音が聞かれない」
勢いが弱まる。衰える。
「やうやう風直り、雨の脚―・り」〈・明石〉
火が消える。
「火―・りぬめり」〈かげろふ・下〉
落ち着きがある。
「人ざまも、いたう―・り、恥づかしげに」〈絵合

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しとる【湿る】

( 動五[四] )
しめる。しける。また、濡れる。 「布団が-・る」 「 - ・つた塩煎餅/新世帯 秋声

しめる【湿る】

( 動五[四] )
水分を含んで、しっとりする。湿気を帯びる。 「 - ・った布団を干す」 「 - ・った空気」
悲しみなどのために気持ちが沈む。 「座が-・る」 「劣勢に応援も-・りがちだ」
静かになる。ひっそりする。 「夜深きほどの人の気-・りぬるに/源氏 椎本
雨などの勢いが静まる。おとろえる。 「やう〱風なほり、雨の脚-・り/源氏 明石
態度や考え方が落ち着いている。 「人ざまもいたう-・り、はづかしげに/源氏 絵合
消える。 「火-・りはてて/蜻蛉 」 〔動詞の「湿る」はそうなることが好ましいか否かに無関係に使え、「湿ったガーゼでおおう」と中立的に用いることができる。それに対して「しける」はそうなることが好ましくない場合、たとえば「せんべいがしけてしまった」などと用いる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

湿るの関連キーワードカンジダ性爪炎/カンジダ性爪囲炎ヤマドリタケ(山鳥茸)ヒカゲシビレタケスギナ(杉菜)ウメノキゴケスエヒロタケ熱帯黒色土壌シラガゴケヒノキゴケエノキタケイクビゴケツチグリイワタケナメクジオオバコタマゴケ汗をかくイワノリスギゴケイワヒバ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湿るの関連情報