コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濡らす ヌラス

デジタル大辞泉の解説

ぬら・す【×濡らす】

[動サ五(四)]
ぬれた状態にする。「涙でほおを―・す」
やっと暮らしを立てる。
「僅に尋中の教師に口は―・しても」〈魯庵社会百面相
色めかしいそぶりをする。
「威勢でおどし、文で―・し、色かへ品かへ口説きしを」〈浄・女楠〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬらす【濡らす】

( 動五[四] )
水でぬれるようにする。 「水で-・したタオル」 「涙に袖を-・す」 「涙で枕を-・す」
(「口をぬらす」の形で)やっと暮らしを立てる。 「曲りなりにも親子三人の口を-・して/大つごもり 一葉
色めいた言動をする。色めいた言動をしてたらしこむ。 「大臣を-・して大分かねを取/浮世草子・新吉原常々草」 〔「濡れる」に対する他動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

濡らすの関連キーワード冷感タオル大つごもりメニスカス絞る・搾る炭壁注水毛管現象神代辰巳注水発破祥・前兆袖の時雨浮世草子濡れる濡らし接触角湿し屑屑生田浸す霑る乾拓

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android