コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潤む ウルム

デジタル大辞泉の解説

うる・む【潤む】

[動マ五(四)]
湿りけを帯びる。また、水分を帯びて、くもったようになる。物の輪郭がぼやける。「霧に―・む町の灯」
目に涙がにじむ。「目が―・む」
涙で声がはっきりしなくなる。涙声になる。「声が―・む」
打たれたりつねられたりして、皮膚が青黒くなる。
「傷ガ―・ム」〈和英語林集成
色つやが薄れる。鮮やかでなくなる。
「灰捨てて白梅―・む垣根かな/凡兆」〈猿蓑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うるむ【潤む】

( 動五[四] )
うるおいを帯びる。ぬれる。 「目が-・む」
輪郭などがぼやける。 「明かりが-・んで見える」
涙声になる。 「 - ・む声を震はして/色懺悔 紅葉
強く打ったりつねられたりして青あざになる。 「疵ガ-・ム/ヘボン」 〔和名抄〕
果実が熟して、色が変わる。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

潤むの関連キーワード和名抄

潤むの関連情報