コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮垂れる/塩垂れる シオタレル

デジタル大辞泉の解説

しお‐た・れる〔しほ‐〕【潮垂れる/塩垂れる】

[動ラ下一][文]しほた・る[ラ下二]
みすぼらしいようすになる。元気がないように見える。
「しょぼしょぼと―・れた姿で帰って来る」〈花袋田舎教師
衣服などが潮水にぬれて、しずくが垂れる。また、雨・露・霜などにぬれる。
「露霜に―・れて、所定めず惑ひありき」〈徒然・三〉
涙を流す。泣きぬれる。
「御覧ずるたびごとに、九条殿―・れさせ給はぬ折なし」〈大鏡・公季〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しおたれる【潮垂れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 しほた・る
元気がなくなる。あわれな様子になる。 「しよぼしよぼと-・れた姿で帰つて来る/田舎教師 花袋
(海水にぬれて)しずくが垂れる。ぐっしょりぬれる。 「髪も袴も-・れて/平家 9
涙にぬれる。また、嘆き沈む。 「いと尊ければ皆人-・れ給ふ/源氏 鈴虫

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

潮垂れる/塩垂れるの関連キーワード皆人

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android