コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濡れる ヌレル

デジタル大辞泉の解説

ぬ・れる【×濡れる】

[動ラ下一][文]ぬ・る[ラ下二]
表面に水などがつく。また、水がかかったり水につかったりしてしみ込む。「雨に―・れる」「―・れた瞳」
男女が情を通じる。情事を行う。「しっぽり―・れる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬれる【濡れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 ぬ・る
物の表面に雨・露・涙・汗などの水けがたっぷりとつく。また、物に水がかかって中までしみ込む。 「夜露に-・れた芝生」 「汗でぐっしょり-・れたワイシャツ」
男女が情交を結ぶ。色事をする。 「しっぽり-・れる」
血などにまみれる。 「二つの狼の相闘くいあひて血に-・れたるに逢へりき/日本書紀 欽明訓」 〔「濡らす」に対する自動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

濡れるの関連キーワードラブラドル・レトリーバー[種]濡れぬ先こそ露をも厭えスエヒロタケ(末広茸)全豪オープン〈テニス〉モンスタースタンプ濡れしょぼたれるアウトドア最前線アルギン酸繊維アブダクション雨露をしのぐリボン結晶染料インクワイシャツ麻里万里蛙目粘土ブレエスしめじめぬれぬれ濡れ濡れ立ち濡る

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

濡れるの関連情報