濡れる(読み)ヌレル

デジタル大辞泉の解説

ぬ・れる【×濡れる】

[動ラ下一][文]ぬ・る[ラ下二]
表面に水などがつく。また、水がかかったり水につかったりしてしみ込む。「雨に―・れる」「―・れた瞳」
男女が情を通じる。情事を行う。「しっぽり―・れる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬれる【濡れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 ぬ・る
物の表面に雨・露・涙・汗などの水けがたっぷりとつく。また、物に水がかかって中までしみ込む。 「夜露に-・れた芝生」 「汗でぐっしょり-・れたワイシャツ」
男女が情交を結ぶ。色事をする。 「しっぽり-・れる」
血などにまみれる。 「二つの狼の相闘くいあひて血に-・れたるに逢へりき/日本書紀 欽明訓」 〔「濡らす」に対する自動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

濡れるの関連情報