じゃんがら念仏(読み)じゃんがらねんぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

じゃんがら念仏
じゃんがらねんぶつ

福島県いわき市を中心に行なわれている念仏踊。8月13~15日に,新盆の家々を回って踊る。踊り手は,ゆかたにはちまき,しろだすきに手甲,白足袋姿の若者で,弓張ちょうちん 1人,太鼓打ち 3人,叩き(鉦きり)10人前後で構成される。ちょうちんを先頭に庭に入り,盆棚に一礼したあと,一列に並んだ太鼓打ちを鉦叩きが取り囲むような陣形を組んで,約 20分かけて踊る。「ハーハイモーホーホーイ,ワーハーハーイ,メーヘーヘーグ」などと唱えたあとに,歌に合わせて合掌するような所作を含む「念仏」や,かけ声とともに鉦と太鼓を激しく打ち鳴らして踊る「ぶっかけ」などの踊りがある。江戸時代末までは,女装,男装,裸やさまざまな仮装の男女が入り乱れて夜更けまで踊ったり,野卑な歌がうたわれていたことが知られている。踊りの起源については,江戸時代初期,土地出身の祐天上人が南無阿弥陀仏名号を歌に織り込んで布教のために始めたとも,17世紀の中頃に,用水を建設して農民たちを救った沢村勘兵衛の霊を慰めるために,当時江戸ではやっていた泡斎念仏をもとにして踊ったのが始まりとも伝えられる。「じゃんがら」という名は,鉦と太鼓の音からきていると考えられる。同名の念仏踊に長崎県平戸市の「ジャンガラ」がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じゃんがらねんぶつ【じゃんがら念仏】

福島県いわき市を中心に盆に行われる芸能。鉦と太鼓の踊り、念仏歌による手踊りなどがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android