じゃん拳(読み)じゃんけん

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)片手で、石(ぐう)・紙(ぱあ)・はさみ(ちょき)のいずれかの形を同時に出し合って勝負を決めること。また、その遊び。石ははさみに、はさみは紙に、紙は石に勝つ。石拳(いしけん)。じゃんけんぽん。→拳(けん)2
[補説]「両拳」の中国語音からともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

拳の一種。〈石拳〉ともいう。中国から伝わった本拳から生まれたものと思われる。片手の5指を使った石(握ったもの),紙(5指を全部開いたもの),はさみ(人差指中指または親指をのばしたもの)の三つで勝負を争う子どもの遊戯。石をグウ,紙をパラリあるいはパア,はさみをチョキまたはポキといって,石ははさみに勝ち,紙は石に勝ち,はさみは紙に勝つ。方法は1度で勝負を決するもの,3度つづけてする〈三じゃん〉などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スル
二人以上の人が片手で石(ぐう)・はさみ(ちょき)・紙(ぱあ)の形をつくり、どの形を出したかで勝負を決めること。また、その遊び。石ははさみに、はさみは紙に、紙は石に勝つ。いしけん。じゃんけんぽん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のじゃん拳の言及

【鬼ごっこ】より

…古くから行われてきた子どもの遊び。〈おにごっこ〉〈おにあそび〉が一般的な名称であり,この系列の遊びに対する総称にもなっている。しかし時代,地方によりさまざまな呼称がある。《物類称呼》によれば〈江戸にて鬼わたしと云,京にてつかまへぼと云,大坂にてむかへぼと云,東国及出羽辺又肥の長崎にて鬼ごとと云,奥の仙台にて鬼々と云,津軽にておくりごと云,常陸にて鬼のさらと云〉とあり,各地方の種々の別称を挙げている。…

【拳】より

…両人相対し指,手,腕や体勢で形姿を示し,それによって勝敗を決める遊び。拳の種類によってそれぞれの取り決めがある。拳戯は中国からの渡来遊戯とするのが通説で,中国では拇戦,拇陣,中指之戯などと呼ばれ,酒宴の座興として行われた。日本では拳打あるいは○○拳と呼ばれ,江戸期に長崎から京坂,そして江戸へと伝えられた。現在では,拳といえば〈じゃんけん〉を想起するのが一般的だが,その他にもさまざまな拳がある。しかし,それらを遊事の内容から大別すると,数拳と三すくみ拳の2種類に分けることができる。…

※「じゃん拳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

じゃん拳の関連情報