そり(橇)(読み)そり

百科事典マイペディアの解説

そり(橇)【そり】

一般に雪や氷の上をすべらせ,人や荷を運ぶ道具。橇は,〈かんじき〉ともよむように,スキーや【かんじき】のような雪上滑走具・歩行具などとも密接な関係にある。また,古代の石材運搬具〈修羅〉などの発想につらなるものとしての,山地,湿地,泥土,ツンドラ(凍原)などの上をすべらす運搬具もそりの名で呼ばれる。人類最古の運搬具といわれるそりは,形態,用途,動力源などについて,その実用性の面からとらえられるが,人類が,これを遊具として活用してきた歴史も実用具と同様に古い。実用具時代のものとほとんど変わらないものもあるが,近代化された代表的なものとしてボブスレーリュージュトボガン,スケルトン,探検・レース用犬ぞり(犬ぞりレース参照),スノーボード,スノーモービル,雪上車のトーイング(牽引)による大型ぞりなどをあげることができる。 分類の観点から,その形態は,滑り木を基準に〈欠如式〉〈1本式〉〈2本式〉の3つに大別できる。欠如式は,明確な滑り木を持たないもので,典型的な例は,長野県の〈いたぞり〉や土ぞりであるが,有明湾で用いられていた〈ハネイタ〉などに見られる。1枚の滑走板の先端に縄をつけて用いる。カナダで活用されてきたトボガンともよく似ている。1998年の長野オリンピックから正式種目となったスノーボードも,靴を固定する締め金具をつけているものの,狩猟,移動用とされていた当初の形態は,〈いたぞり〉にたいへんよく似たものであった。1本式は,スカンジナビア北部のサーミがトナカイに引かせる舟型ぞりに代表される。2本式は,滑り木が2本の本格的なものである。当初の姿は,自然木を利用した,二股に分かれたY字型そりなどに見られる。その他,動力源の違いから〈ヒトぞり〉〈牛ぞり〉〈馬ぞり〉〈トナカイぞり〉,用途によって〈乗用ぞり〉〈荷物ぞり〉〈狩猟ぞり〉などに分ける場合もある。→木馬(きんま)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android