コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建春門院中納言日記 ケンシュンモンインチュウナゴンニッキ

4件 の用語解説(建春門院中納言日記の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けんしゅんもんいんちゅうなごんにっき〔ケンシユンモンヰンチユウナゴンニツキ〕【建春門院中納言日記】

たまきわる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

建春門院中納言日記【けんしゅんもんいんのちゅうなごんにっき】

たまきはる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

けんしゅんもんいんちゅうなごんにっき【建春門院中納言日記】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建春門院中納言日記
けんしゅんもんいんちゅうなごんにっき

鎌倉前期、後白河(ごしらかわ)院の妃(きさき)建春門院(平滋子(しげこ))に仕え、中納言とよばれた女房の日記。この日記には本来の名はないという。巻頭歌「たまきはるいのちをあだにききしかどきみこひわぶるとしはへにけり」によって『たまきはる』の名称もあり、『健寿(けんじゅ)御前日記』の称も用いられている。作者は1157年(保元2)出生、没年は不明。父は藤原俊成(しゅんぜい)、母は藤原親忠(ちかただ)の女(むすめ)美福門院加賀(びふくもんいんかが)で、藤原定家(ていか)の同母姉にあたる。長姉は後白河院京極局(きょうごくのつぼね)で、大納言(だいなごん)藤原成親(なりちか)の妻。1168年(仁安3)12歳で出仕、建春門院没後は鳥羽(とば)天皇皇女八条院(しょうし)に再出仕し、八条院の猶子(ゆうし)、春華門院(後鳥羽(ごとば)天皇皇女昇子内親王)の養育にあたる。八条院中納言の女房名もあり定家の『明月記』では「健御前」と記す。1206年(建永1)50歳で出家した。
 日記は、二度の宮仕えを主とした40余年の回想記で、奥書に「建保(けんぽう)七年(1219)三月三日書了」と見え、作者が63歳のおりであったことを示す。建春門院への追慕の情の表白と、転換期の宮廷の様相が詳細に描かれているのは注目に値しよう。[糸賀きみ江]
『玉井幸助校註『日本古典全書 健寿御前日記』(1954・朝日新聞社) ▽鈴木一彦・鈴木雅子編『たまきはる(健御前の記)総索引』(1979・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

建春門院中納言日記の関連キーワードたまきはる玉黍健寿御前日記玉黍貝魂極る賜ふ薪割柴田環玉木葦斎

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone