コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちゃぐちゃぐ馬こ チャグチャグウマコ

2件 の用語解説(ちゃぐちゃぐ馬この意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゃぐちゃぐ‐うまこ【ちゃぐちゃぐ馬こ】

《「ちゃぐちゃぐ」は馬の鈴の音から》岩手県滝沢市にある鬼越蒼前(おにこしそうぜん)神社で行われる祭り。色鮮やかに飾り立て大小の鈴を付けた農耕馬を神前に集め、日頃の労をねぎらい、無事息災を祈る。参拝後、盛岡市まで練り歩く。江戸時代から伝わり、昭和53年(1978)国の選択無形民俗文化財に指定。かつては5月5日であったが、現在は6月第2土曜日に行われる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ちゃぐちゃぐ馬こ
ちゃぐちゃぐうまっこ

岩手県滝沢市の鬼越蒼前(おにこしそうぜん)神社(旧駒形(こまがた)神社)と付近の農村や盛岡市内の行事。6月第二土曜日に行われる。当初は旧暦5月5日に行われていたが、1958年(昭和33)より新暦6月15日に、2001年(平成13)より現在の日程に変更された。この地方は南部駒の産地で、馬の守護神として蒼前様を祀(まつ)っており、田植に先だって各家で飼っていた馬を引いて蒼前様に参った。そのとき馬に色とりどりの装束や飾り房をつけ、半纏(はんてん)姿の男の子や振袖(ふりそで)姿の女の子を馬に乗せ、紅白の手綱を引き、鳴輪(なりわ)や小鈴をチャグチャグ鳴らしながら歩いたのでこの名がある。神社では絵馬を献じて愛馬の無事を祈り、帰路は盛岡市内を練り歩き、盛岡八幡宮(もりおかはちまんぐう)に詣(もう)でる。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゃぐちゃぐ馬この関連キーワードぐちゃぐちゃジャグ茶具ギャグマンぐちゃつ・くサチャグラハ岩鉄拳チャグマオーちゃぐりんチャグチャグ馬っこ岩手県岩手郡滝沢村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone