コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ねそ ネソ

デジタル大辞泉の解説

ねそ

《副詞「ねそねそ」から》鈍重で気が利かいこと。また、そのような人。
大宮司の―殿がいつの間にやらちょろまかし」〈浄・猿丸太夫鹿巻毫〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねそ

〔副詞「ねそねそ」から〕
言葉や動作がのろく、鈍いこと。また、その人。また、気の利かない人にもいう。 「あんな-がおはごとを仕出し/浮世草子・姑気質」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ねその関連キーワードeyecare glassインテリジェントターミナル長崎県対馬市美津島町け知岩手県二戸郡一戸町クラーク ゲーブルタンク・タンクロークラークの三法則ブッダバッダラおとこようぞめ五月の御精進専門的経営者複合金属材料RELAX対馬(市)寝そびれる然らぬだに願行具足カタックどてっと両性具有

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android