ひだる神(読み)ひだるがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ひだる神
ひだるがみ

だりともいう。憑物 (つきもの) の一種。民間伝承上の一種の霊気で,人里離れた山路などに浮遊して旅人などを悩ますといわれている。空腹時に,これに憑かれると,たちまち身体に倦怠を覚え,歩行不能となって,ついにはぬと信じられている。また,これにとり憑かれたときには,飯を一粒でも食べるとなおるといわれる。『雲萍雑誌』『本朝俗諺志』などには,この神に憑かれた旅人の話が記載されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひだるがみ【ひだる神】

西日本に多い憑物(つきもの)の一種で,とくに空腹時に憑かれることが多い。ダリ神,ダリ仏,ダニ,ダラシ,ジキトリ,ヒモジイ様,イザリ神などともいい,餓鬼無縁仏に憑かれる例や,歩行中に出会う〈行逢神(いきあいがみ)〉も同系統のものといわれている。この神に憑かれると急に空腹を覚え,冷や汗がでたり,手足がしびれて足腰が立たずに一歩も進めなくなるという。ヒダル神の実体は非業の死をとげたり,行倒れなどしてそのまままつられずに山野をさまよっている死霊だとされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひだるがみ【ひだる神】

近畿以西で信じられた、山中で人に取り憑き飢渇や疲労をおぼえさせるという神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ひだる神
ひだるがみ

御霊(ごりょう)信仰系の妖怪(ようかい)。ただし特定の姿形をもたないので怪異現象とみることもできる。峠道などを歩いているとき、突然耐えがたい空腹に襲われるのを、悪霊(あくりょう)のしわざと考える俗信。飯粒(めしつぶ)の一つでも食べるとか、手のひらに指先で米の字を書いてなめるとかすると治るともいう。村境や峠のあたりには、非業(ひごう)の死を遂げ、行くべきところに行き着けない者の霊が、無縁の霊となって浮遊しており、通りがかりの人の霊を追い出して入りたがっている、という俗信に基づく。「ひだる」はひもじいの意。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android