雲萍雑誌(読み)うんぴょうざっし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲萍雑誌
うんぴょうざっし

江戸時代後期の随筆。柳沢淇園 (きえん) 著。4巻。天保 14 (1843) 年刊。著者が日常耳にした話を記録したもので,161話から成る。多くは志士仁人の言行をあげ,俗談平話のうちに勧善懲悪を説いたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

うんぴょうざっし【雲萍雑誌】

随筆。四巻。1843年刊。志士・仁者の言行をあげて批判。平易な和漢混交文で書かれている。全体に儒教的道徳臭が強い。柳沢淇園の作といわれるが疑問。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android