ぴちゃん(読み)ピチャン

デジタル大辞泉の解説

ぴちゃん

[副]
小さく平たい物などが水に落ちる音や、水がはねかえる音を表す語。「ぴちゃんとはねが上がる」
平手でたたく音、また、戸や障子などを乱暴に閉める音を表す語。「ふすまをぴちゃんと閉める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぴちゃん

( 副 )
平たいものや小さなものが水に落ちて、水がはねかえる音を表す語。 「コインが-と水面に落ちる」
平手でたたいたり、戸や障子などをはげしく閉める音を表す語。ぴしゃり。 「戸を-としめる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぴちゃん

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 軽い平たい物などが水面に落ちる音、また、水などが軽くはねあがる音などを表わす語。
※怖るべき子供たち(1949)〈菊岡久利〉一二「キムが必要以上に、手拭で浴槽の湯をピチャン、ピチャンさせるのは、甘えと、人工的羞恥だ」
平手でたたく音、ふくらんでいた物がつぶれる音、などをいきなり閉める音などを表わす語。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉昼の酒「ピチャンと、かう、その手をひっぱたく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android