コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぶっつり ブッツリ

デジタル大辞泉の解説

ぶっつり

[副]
綱などのような太い物が断ち切れる音、また、そのさまを表す語。「ザイルが突然ぶっつり(と)切れた」
勢いよく刃物を突き刺す音、また、そのさまを表す語。
「太股へ掛け―と突き貫き」〈円朝怪談牡丹灯籠
わずかであるさま。ぷっつり。
「あらいことは―ともしないぞ」〈露伴・いさなとり〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶっつり

( 副 )
綱・紐ひもなど、やや太くて丈夫なものが切れるさま。また、その音を表す語。 「ロープが-(と)切れた」
刃物などを突き刺すさま。また、その音を表す語。 「太股へ掛け-と突き貫き/怪談牡丹灯籠 円朝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぶっつりの関連キーワードぷっつりぶつんロープ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android