べろん

精選版 日本国語大辞典の解説

べろん

〘副〙 =ぺろり
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「いかにも睡(ねむ)さうな顔を(べろん)して、遂にばたりと横になる」
※漫談集(1929)見習志願の巻〈徳川夢声〉「ベロンと紫色の舌が、下顎の先まで延びるのを見た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

べろんの関連情報