コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

むず ムズ

2件 の用語解説(むずの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むず[助動]

[助動][○|○|むず(んず)|むずる(んずる)|むずれ(んずれ)|○]《推量の助動詞「む」に格助詞「と」が付き、さらにサ変動詞「す」の付いた「むとす」の音変化》活用語の未然形に付く。
推量・予想の意を表す。…だろう。
「只今もれ聞こえて、天下の大事に及び候ひなんず」〈平家・一〉
「此の者世にあらば、…国土をも乱さんずる者なり」〈平治・上〉
意志・意向・決意を表す。しよう。…するつもりだ。
「われは、しかじかのことのありしかば、そこに建てむずるぞ」〈大鏡・道長上〉
適当・当然の意を表す。…するのがよい。…するべきだ。
「後の御孝養をこそ、よくよくせさせ給はんずれ」〈古活字本保元・中〉
(主として連体形での用法)仮想・婉曲を表す。…としたら。…のような。
「さる所へまからむずるも、いみじくも侍らず」〈竹取
[補説]「む」とほぼ同様に、いくらか意味の強調された表現として用いられる。平安時代以降、主として会話文に用いられ、室町時代以降は「うず」に変化した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

むず

( 助動 ) ( ○ ・○ ・むず(んず) ・むずる(んずる) ・むずれ(んずれ) ・○ )
〔推量の助動詞「む」に、格助詞「と」とサ変動詞「す」の付いた「むとす」の熟合したもの。中古以降の語。「む」は、後世「ん」と発音されたために、「んず」とも書かれる〕
推量の助動詞。動詞・助動詞の未然形に付く。
目前にないこと、まだ実現していないことについて予想し推量する意を表す。…であるだろう。…だろう。 「今は帰るべきになりにければ、此月の十五日に、かのもとの国よりむかへに人々まうでこむず/竹取」 「三人ながら島の内を出でたりなど聞え候はば、なかなか悪しう候ひなんず/平家 三・流布本
話し手自身の意志や決意を表す。…するつもりだ。…するようにしよう。 「この蛍のともす火にや見ゆらむ、ともし消ちなむずる/伊勢 39」 「われは、しかじかのことのありしかば、そこに建てむずるぞ/大鏡 藤氏物語
「…するのがよい」「…するのが当然だ」などの意を表す。 「敵すでに寄せ来るに、方々かたがたの手分けをこそせられんずれ/保元 中・古活字本
(連体形を用いて)実現していないことを仮定していうのに用いる。…であるような。…といわれる。 「殿上までもやがてきりのぼらんずる者にてある間/平家 1」 〔 (1) 「むず」は「む」とほとんど同じ意味に用いられるが、やや強めた言い方になる。 (2) 中古では多く会話文に用いられる。 (3) 「むず」から中世後期以降「うず」の形を生ずる〕 → むとす(連語)うず(助動)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むずの関連キーワードかりこすざあますでえすでげすふうですべかしまうしましじらゆ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

むずの関連情報